ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

甘くないデジイチの世界

これまでのあらすじ。

長年PENTAXユーザーのオットの防湿庫にはKマウントのレンズがたくさんあるので、私のデジイチPENTAX一択だったんですが(まあその前にQ7使ってるし)とりあえず中古美品が少しお安く出てたので即決
kwaico.hatenablog.com

沼のレンズをあれこれ使わせてもらってるうちに、シグマのレンズを破壊(ピントリング回し過ぎた、わーんごめんなさい)
kwaico.hatenablog.com

近しいレンズはあった方がいいと、再びマップカメラで購入。純正の18-55mm。これが沈胴式でコンパクトで軽くて、デジイチ初心者には使いやすいのです。
kwaico.hatenablog.com

このレンズで撮り始めましたが、や、なんかとても難しい。ミラーレスで撮っていた時のほうが上手だったかもしれん!!デジイチ難しい!
(イマココ!)


レンズなのかカメラなのかわからないけど、グリーンのバリエーションが多く見えるよPENTAX


暗渠開口部と知らないおじさん


水元公園


これも水元公園


どうしてミラーレスで撮っていた時のほうがうまい感じに撮れてたのか考えてみると、やっぱりライブビューで見てたからなのかもしれないと思います。まだデジタルでない時代以来のファインダーをのぞいてるからなのでは、と。もちろんライブビューで見れるんですけど、せっかく一眼レフなのにそれももつまらないかな、と。早く慣れなければ。それには撮りまくるしかないと思ってます。とくに露出高めに撮ってしまって白っぽい写真にしてしまうことが多いので、ここは気をつけねばなりません。

あとは、自分の目が肥えたかもしれません。上手なひとたちの写真ブログを購読したりするようになったので、以前よりずっと写真を見る機会が増えました。それで、何を撮ってもイマイチに見えるのかもしれません。これが原因でしょうね。うーん、でも「適当に撮ったのに後ろボケててかっこいいーデジタルすごーい」って時期は脱したので少しましになったのかもしれない(前向き)

つまりは練習あるのみ…!

お題「カメラ」