ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

知らない街を歩く(国分寺崖線の端っこ・谷沢川の削った等々力渓谷を歩いてみる)

馴染みのない東急大井町線方面へ行った日(3/21)の話。

尾山台のオーボンビュータンに行ったその足で環八沿いを進み、目黒通りにぶつかったところで多摩川方面に左折。等々力不動尊から等々力溪谷を歩きました。

お不動様。溪谷歩きに気が急いてしまいお参りするの忘れた。

等々力溪谷は、多摩川が削った国分寺崖線の端っこで谷沢川の侵食でできた谷。世田谷の街にいきなり現れるダイナミックな自然に驚かされます。平地とは10mくらいの落差があるそう。湧水もあります。

川と歩道は整備されてるので安心。

途中、かつて古代にお墓として使われた横穴の遺跡もあります。(写真を忘れた。)ブラタモリで田園調布をやったときに、このあたりの多摩川沿いの崖の上に古墳群があることが説明されていたけど、古代にも人の暮らしがあったのだなあと想像するのはとてもロマンチックです。

赤い鉄橋はゴルフ橋、とな。むかし東急のゴルフ場があったかららしいのですが、推測しやすい名前からだった。今ではすっかり都会だけど、昔は都心から離れたのんびり自然の中で過ごすところだったのかも。


地形・地質
等々力渓谷は、武蔵野台地の南端に位置しており、この台地面を侵食して形成された開析谷です。渓谷沿いには、武蔵野台地を特徴づける地層断面がよく観察できる箇所があります。地質の分布状況は、下から台地の基盤である上総層群の高津互層(泥岩層)、その上に堆積する渋谷粘土層、武蔵野礫層、武蔵野粘土層、東京軽石層、ローム層(武蔵野ローム層、立川ローム層)の順にほぼ水平に堆積しています。また、渋谷粘土層と武蔵野礫層の間からは湧水が多く見られます。

地層は分からなかった…。逆から歩いてきて最後にこの案内板を見たのでした。確かに等々力不動尊のところにあった湧水の滝もありました。次に来たときに要チェックです。渓谷はゴルフ橋とこの看板でほぼおしまい。歩いてすぐに等々力駅にでます。駅近渓谷なんて面白すぎる。ああ、また違う季節に来よう。

www.timesclub.jp

知らない街を歩く(尾山台のオーボンビュータンに焼き菓子詰め合わせを買いに行く)

おしゃれなものは好きだけれど、おしゃれすぎるとちょっと尻込みしてしまう面倒くさいタイプなので、分からない・知らないからこそ苦手意識のある街というのがあります。まず代官山。試しに行ってみたところ、どこで楽しめるのかよくわからないし早々に引き上げてきたことがあります。あと恵比寿。表参道や銀座はまだ分かるところがあるから代官山ほどじゃないけど、あーおしゃれー落ち着かなーいってことはよくあります。自由が丘方面もそんな街の1つでしたが、用事ができたのであまり乗らない東急大井町線に乗ってきました。3/21、春分の日のことです。


まずは尾山台へ。本当に馴染みのない駅で、何線?何区?みたいな感じでしたが大井町線と聞いてそりゃ知らないよねっとなりました。なぜ尾山台なのかと言えば、オットが贈答用にお菓子が必要ということだったので、あんまりふさわしいお店を知らない私が、ただ行ってみたかっただけというオーボンビュータンへ。焼き菓子詰め合わせの入っている缶の模様がツール・ド・フランスのモチーフだということで誰かに贈りたいお菓子のひとつだったのです。

缶のデザインはこちらで見れます。
www.toriyoseru.com


お店は尾山台の駅からハッピーロードという商店街を抜け(ハッピーロードといえば大山だよねと思う東京東部に安心感を得るタイプ)、環八にぶつかって等々力方面へ右折したすぐのところにあります。

焼き菓子のほか果物の煮詰めたジュレみたいなものから、ショコラやケーキなど一粒ずひとつずつが可愛いお菓子がたくさん…!色キチにはたまらないカラフルでキラキラなお菓子がまぶしい…!マシュマロのこと、ギモウヴって言うんだよ…!店内の写真が撮れなくて残念だけど、フォトジェニックでした。端から端までいただきたかったけど、来世で富豪になったらやりたい遊びです。大切な人に贈りたいお菓子だなと思いました。いつか私も使おう。そして誰か私にオーボンビュータンのお菓子を送ってください。今回は贈答用なので、うちで食べられないので…。(うちの分買ってくればよかったと猛烈に後悔している。眼福すぎてうっかりしてた)

詳細はこちらで是非。素敵なブログです。
www.kurashichie.com

お題「行きたい場所」

BEROFLEXという謎レンズ遊び

オールドレンズ遊びが続きます。

オットにこのレンズについて聞くと、よく分からない変なレンズで写りもこれといって特徴もなく色がよく出るとかもない…とのこと。しかし、お安かったということでそれは面白いじゃないか。本当にそんなに凡庸なレンズなのか試してみたくなった。

そんなわけで近所の和田堀公園に散歩がてら撮影しに行った。

お、悪くない。ちらほら咲いていた梅と曇天。ボケの形は多角形。

こちらも。花弁の多い梅。重そうでかわいい。

もちろんちゃんと撮れる。

コントラストが強いですが鮮やか。丸いボケがリング状。へんなのー。

気に入ったので後日、大久保あたりを散歩。

レトロなものはそれらしく映る。

ちゃんとボケる。

駐輪中の自転車行列を撮りがち。

後ろのビルはスクエニ。あうんの「あ」。

最後は、歌舞伎町のTOHOシネマズのビルを使って自撮り。

ちなみに、腕に下げてる白い袋は大久保のタイ食材の店で買い込んだもの。これはこれでまた別の機会に(あるかなー?)

マイ ファースト オールドレンズ SMCタクマー28mm

最近ちょこちょこと撮ってはブログにあげているオールドレンズ。私の場合はオットがハマった沼を跡追いしてるだけなので楽なもんなんですけど、そんな私でも自分のレンズが欲しいと思ってしまうのは仕方のないことですよね。街歩きにちょうど良い広角のちゃんとしたレンズが欲しい。

そんなわけで出会ったSMCタクマー28mmf3.5。

横浜は桜木町のあたりにある大貫カメラさんで購入しました。お値段4桁なのに美品良品!上を見ればきりのない世界であえての4桁で楽しめるというのが良い世界なのであります。アンティークキモノの楽しみ方にも似ている。

早速タクマーさんつけて撮影さんぽ。


あら、かっちり。


直線はまっすぐ。(当たり前だけど、まっすぐだなあと思った絵)


手前はくっきり、後ろは程よくボケ。


真面目なお方だなあ。悪くない!

オールドレンズならではのぐるぐるボケとか変な形の玉ボケとか、そういう遊びもそのうちしたいけど、最初のレンズがこれってのは悪くないのです。


オマケの一枚。
防湿庫に眠っていたBEROFLEXという出自の謎なレンズで遊ぶ。一説には西ドイツ製とか言われるのに、メイドインジャパンって書いてある…。

こういう遊び方も好き。

では次回はこのベロフレックス遊びの記録をば。(珍しく予告)

冷食の野菜が良い

土曜日、早めにお風呂に入って湯船に浸かり、さっぱりしてから晩ごはん&晩酌。お休みの日ならではの贅沢な時間の使い方です。

でもお風呂はいっちゃったし、家にあるものでご飯なりアテになるものを作りたい。

ワインを飲みたかったので、いつか食べるだろうとなんとなく買ってあったニョッキで、クリームソースのニョッキを作りました。

オリーブオイルでベーコンをゆっくり炒めてから、野菜をぶち込んで大さじ1くらいの小麦粉を入れてなじませたら、1カップくらいの牛乳を少しずつ加えてソースを作って、そこに茹でたニョッキを入れて混ぜたら出来上がり。かんたん。

ソースの具は、実は冷凍野菜です

便利ですよね。先日、白央篤司さんの本で冷食の野菜の活用を読んでから興味が出てちょこちょこと利用しています。

自炊力 料理以前の食生活改善スキル (光文社新書)

自炊力 料理以前の食生活改善スキル (光文社新書)

写真には映りにくいけど、ご飯の代用になる(糖質制限的な意味で)カリフラワーと、ブロッコリー、インゲンは冷食です。でもこれが美味しい。ブロッコリーは自分で茹でて冷凍すると解凍した時に美味しくなくなってしまうのだけど、市販のものは不思議とスジっぽくない。これがプロの冷凍技なんだわ…と感心して以来、冷食で買いたいと思っています。

特に、カリフラワーライスはいろんなものに味が馴染みやすくてカロリーを抑えられるので重宝します。セブンイレブンでも売ってるので上手に使っていきたいです。

セブンで売ってるのはこれじゃないけど。

カリフラワーライス 500g (mk)(148514)

カリフラワーライス 500g (mk)(148514)

インゲンも解凍すると茹でたインゲンとそう大差ないので使いやすいです。そのまま胡麻和えとかにすればおかずの一品になるし。

幸いにして我が家は手間=愛情とかの感覚はなく、結果的に健康的に美味しければいいじゃんという考え方なので冷食とかクックドゥやうちのごはんとかの合わせ調味料とか、どんどん使ってかんたんな食生活を送りたいです。空いた時間で趣味のことをしたい。多分、私が充実した人生を送るにはこれが必要なのだと思います。

Carl Zeiss Jenaで梅を撮る

最近、うちの防湿庫にオールドレンズと言われる類のレンズがよく植えられていて(オット曰く生えてきたらしい)その中でオススメされたカールツァイスイェナをつけて、高尾の梅まつりに行ってきました。

天気もレンズも良い!問題は腕とセンス!でも楽しかったです。

高尾駅から徒歩で20分くらい、梅まつりへ。町に近いところはすでにピークを過ぎている感じでしたが、奥の方はまだまだこれからという感じ。3月9日のことです。



背景がごにょごにょっていうかボヤボヤっというかなんとも言えない感じにボケが広がっているのは、オールドレンズの特徴のひとつ。




良いレンズで、後ろのボケもいい感じ。PENTAX K-70で撮る際には、ピントが合うと赤い印で教えてくれるので、思っていたよりマニュアル撮影も難しくなかったです。楽しい。

お腹も空いたので早々に京王線に乗り込み、今度は調布で途中下車(その間爆睡)。ランチにお寿司を食べて(リーズナブルで美味しかった!)そのあと近くにあった布多天神社へ。こちらも梅が満開。

ここからはレンズを変えて。オールドレンズじゃないけど、HD-FA35mm。これは新しいレンズ。なんの苦もなくちゃんとした写真が撮れます。



さまざまな梅の種類があってこちらも眼福でした。

CPプラスとCPマイナスの日

何年か振り2度目のCP+に行ってきました。

CP+2019 カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」

朝オープンくらいの時間に、パシフィコ横浜の最寄りであるみなとみらい駅に着いて、比較的空いてるフロアを目的のところだけ。楽しかった。

防振双眼鏡でお世話になってるビクセンブース。今年で70周年!老舗だなあ。

PENTAX、というかリコーイメージングではGRを触れたら…と思ったら30分待ちとのことで諦め。オットは新製品のレンズを試してました。あとはリコーはシータ推しだったなあ。

そしてLOMO


LC-Aを修理してまた使えるようにしたけれど、今私はハーフカメラのPEN FTに夢中なので出番は少ない…。もっぱらフィルムでお世話になってます。青みがかった仕上がりになるロモグラフィフィルム、好きですよ。
クラウドファンディングで製作中のレンズ、ロモゴンも少し触る。絞りが外側に出っ張ったリングでなかなか個性的!残念ながらKマウントはありません…(ないよね)

その後、中古カメラフェアを一通りのぞいて、横浜に戻り「カメラはスズキ」カメスズさんへ。なんとCP−(マイナス)というセール中なんだとか。シャレが利いてるぜ…!!!

とはいえ、レンズはオットのカールツァイスイェナをつけていたし(マニュアルレンズ練習中)(私がPENTAXユーザーなのはうちにKマウントで使えるレンズがたくさんあるからなのです)レンズは買いたい人にお任せしよう…ということで、カメラ雑貨などを。

消しゴムはんこクラカメグッズを作るcitrineさんのピンバッチ、とフィルムマステ。
【新作】カメラのピンバッジ/RAHE、RHC35S、LM2 – News | *citrine
OLYMPUS PEN Fが入荷したというのを見た気がしたのでカメスズさんにきたら買いたかったのです。かわいい…。私のは露出計がついたPEN FTなのですが外観は同じなので良いことにします。でも今はちょっとカウンターが不調なので入院中。帰ってきたらストラップにつけよう。今回はこれで満足。