ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

ふるさと納税するよりしたいこと

やったことはあるんです、ふるさと納税東日本大震災で被害の大きかった陸前高田市なら寄付したいと思ったりして、返礼品も魅力だったし一度だけふるさと納税しました。

でも、その分私が今住んでいる区には納税されないことになるって後から知って(単なる勉強不足)、うちの区だって待機児童の問題とかもあるし、お金を使って欲しいこともあるので納税は住所のある区にすることにしました。寄付したいという名目だったし、ふるさと納税する代わりに、なるべくその地方にお金が落ちるように何らかの方法で買い物すればいいかなと今は思ってます。

そもそも、問題になってるような、高額な返礼品をある一定の金額を支払えば手に入れられてしまうってのは誰かが損をしているわけで…。私が頂いた返礼品は海宝漬だったんだけど、それなら普通にネットでも岩手県のアンテナショップでもいいから買えばいいわけです。その方がお金が分かりやすく回る。私自身物を売る仕事をしているので、商品が適正な価格で消費者に届けばいいし、消費者も正しく受け取って欲しいし、受け取れる消費者でありたいのです。お値段は安いに越したことはないけど、誰かが不当に損をするような安さは選びたくない。自分だけが得をして買えればいいとは思わない。安さゲームみたいなものに巻き込まれるのはごめんだ…ちょっと逸れた。

石巻元気商店」さんという宮城県石巻のネットショップがあって、ここの大漁旗を使ったアクセサリーが素敵だよってことをいいたかったのです。

三角の方は先日片耳を落としてしまって落ち込んでおります…。買い直すにしても、同じ色にするか、別な色にして左右色を変えたりとか、あ、それいいな。

きっかけは被災地支援…と思っていたんだけど、今ではお気に入りを手に入れることができてうれしい。売り切れちゃう前に買い足しておきたい。

熊本とか、広島とか、北海道とかもこうしたお気に入りショップを見つけたい。

今回のオリンパスPEN EESさん

36枚のフィルムをハーフカメラに入れると72枚プラスアルファ撮れてしまうので、一本のフィルムを終えるまでにだいぶ時間ががかるので、いつからだか忘れたんですがフィルムも無事現像したので今回の成果。


地元の喫茶店でカレーを食す。雰囲気の良いお店なのです。



和田堀公園にある釣り堀併設の食堂。といっても目当ては昼ビール。



荒木町あたりを散策してて見つけた良い路地。



代々木公園の歩道橋から渋谷方向。



新宿タイムズスクエア前の架線橋からのコクーンタワーなど。



サザンテラスのロビー。ロモグラフィフィルムの青さが特徴的ー!




横浜元町を散策。



秋葉原、和泉橋から神田川



天気が良かったので空の青さもしっかり出た!



線路の高架下を浅草橋方面へ歩きつつ。



まるでハイスコアガール的な雰囲気のゲーム店看板。このカメラにはこういう雰囲気が似合うのよね、つい撮りたくなっちゃう。

ハイスコアガールとは…
今期バナナフィッシュとともにハマっているアニメ。ゲームのことはまったく知らなくてもそれなりに楽しめてしまっている。

フィルムはこれを買いためている。ちょっと高価だけど、青みがかった仕上がりが気に入っている。

お題「カメラ」

ヤシエレさんをお迎え

先週末、特に大きな予定もないので中古カメラ屋さん巡りでもしようと出かけました。最近の私といえばブログも書かずに夜な夜なヤフオクを眺めてはオリンパスPEN FTというフィルムカメラを狙っていたのですが…。本体とレンズで約3万くらい出さないと状態の良いものは難しいかもなと指をくわえていました。まあ、見てるだけで楽しいんですけどね。ほかのカメラは既に持ってるわけですし。

オットも同じようにフィルムカメラ遊びにハマっていたり(ローライ35というドイツのカメラを愛用中)、オールドレンズという変態の遊びをしているので最近は散歩に行くにも中古カメラ屋さん巡りが楽しいわけです。

そこで、ツイッターで気になっていた横浜にある「カメラはスズキ」さんのジョイナス店と元町店をハシゴ。こちらは普通の街のカメラ屋さんなのに尋常じゃないフィルムとフィルムカメラの品揃えが特徴。カメラモチーフのクリエイター系雑貨も扱っていたりかなり癖の強いお店なんだけどカメラ愛に溢れていました。

オットのローライさんの調子が良くなかったので、その日修理職人さんがお店に来るとのことで元町店にお邪魔したんですが、何も買うつもりがなかった私(PENなかった)なのに、なぜか出会ってしまいお迎えすることになったのがタイトルのヤシエレさん。


正確なお名前は「ヤシカエレクトロ35CCN」。今はもうないヤシカというカメラメーカーのものです。中古屋さんでみたときは1万を切らなかったので特に候補にも上がってなかったんだけど、触ってみたらわりとかっこよくてつい欲しくなってしまい…。ジャンク品の中に紛れていた奇跡的に動作に問題のない個体だったそうでお値段もおトクだったのですよ。

ピントはつまみのついたピントリングを回して合わせるタイプ(ファインダー中心部に目でわかるようになっている)、絞りは目安で室内、曇り、晴れ、みたいなマークが付いてますがちゃんと数字でも刻めるようになっていて(上の画像参照)、今手元にあるカメラよりは露出がちゃんとしてそう…というわけで即決。

カメスズさんでオットが買った謎のオーストラリアフィルム(中身は日本製だった模様)を入れて試し撮り。

現像は高画質で頼まなかったのを後悔。ちゃんと写ってますよ。

秋葉付近の櫻稲荷。今回のベストかな。

青空に電線っていう私の好きな構図を撮りたくなるようなカメラ。

ところでこのヤシエレさん、ボケの形がクリオネ型をしてるということでクリオネボケが味わい深いのですが、いつかそのクリオネボケを操りたいと思います。開放で撮ると普通に玉ボケになるらしいのですこーし絞ると良いみたい。次回チャレンジ。

またまた楽しいカメラを手に入れてしまいましたとさ。

お題「カメラ」

悪いランチ

ダイエット以外の目的で食事に気をつける年齢になってきました。なるべく野菜、タンパク質、塩分控えめ、胃もたれするから肉は赤身。ああ、カルビたらふく食べた後に締めで天一とか食べられたあの胃腸はいずこへ。

仕事の日のランチはなるべくお弁当、もしくはセブンのお惣菜(コンビニ弁当は今やヘルシー食)にしていることが多いのですが、毎日それでは息がつまる…。一週間に一度くらいは悪いことしたいと同じ部署の先輩が言い出して、最近たまに「悪いランチの日」(主に金曜のランチ)が開催されています。悪いの定義はそれぞれだけど、カロリーやバランスや味の濃さなどを考えないで食べるランチのことを指しています。

ある日の悪いランチ。

ボリュームのあるあんかけ焼きそば。お腹いっぱい。しかもここ、お漬物は食べ放題。デザートもつく。

油と糖って美味しいですよね。ヱビスバーのランチのハンバーグ。ソースでもう一皿ご飯食べられる。(流石にそれはやらない)

暑かったからか冷やし中華もよく食べた。共同通信社ビル地下の南雲。冷やし中華に排骨肉が乗ってる。悪い。

振り返ると私は悪いランチの日に麺類をよく選んでおり、麺類=悪いと思ってる節がある。


しかし、そんな悪いランチの日は平日だけじゃなかった!

麺とご飯という炭水化物コンビは悪いランチの代表だと思う。四谷三丁目の新記。

先週末も煮干しラーメンだったな…糖と脂…。

本当に普段ヘルシーな食事をしてるのか疑われそう。

「検察側の罪人」を観た

公開初日に観てきた「検察側の罪人」。

公開したばかりなので、なるべくネタバレを避けますが、役どころについては少し触れますので嫌な方は読まないでください。


観に行くきっかけはもちろん二宮さんなんですが、まずは木村さんから。

私もともと木村拓哉さんという俳優さんは好きで、「どれやってもキムタク」て言われてたけどそれを求められてるんだからそれの何が悪いと思ってたし、言われてるほどそう思ってなかったと思います。ハマったドラマもあるし。ロンバケビューティフルライフ、グッドラック…。ジャニヲタになったあたりから、逆に観なくなったかもしれない。後輩ファンの視点になったからか、いつまでもキムタクであり続けるのもしんどいな…と。

で、今回の映画ですよ。なんか、私の知ってる木村拓哉ではなかった!

(ちなみにこれは、二宮さんがインタビューで答えてたんですが、木村さんと共演するにあたって「僕の知ってる木村拓哉ですか」と聞いた、と言う話を受けています)

検察側の罪人」の主役、最上検事はダンディだけど狂気を秘めた人間くさいおじさまだった。そもそもお顔が美しいのと、鍛えられた半身から普通のおじさんではないってわかるんだけど、清濁併せ持つ少し「くたびれた」感じに魅了されました。

そして二宮さん演じる若手の沖野検事。こちらは出来る若手感バリバリ。先日までそれこそちょっとくたびれた感じが色っぽかったオペ室の悪魔、渡海先生(ブラックペアン)だったので、清潔さとか若さゆえの真っ直ぐさみたいなものが魅力でした。沖野くんかわいい、沖野くんがんばれ、みたいな気持ちで見ていました…。あるシーンを除いては。そのシーンはすでによく取り上げられているのでネタバレでもないのかもしれないけど、本当に、鳥肌が立った。特にスッと切り替えたところ。怖かったわ。ずいぶん二宮さんのお芝居は見てるんですけど、毎回なんらかの「すごい」を更新してくれるので信頼してます。

ところで、5年前ならあり得なかった、元国民的アイドルと現国民的アイドルの共演ということで話題になるし、私のキッカケもそこなんだけど、それだけにしちゃうのもったいないくらいの、両俳優さんの凄まじいぶつかり合いみたいな映画でした。ストーリーも骨太で、ラストも考えされられるもので(ぼやかした)楽しくはないけど、面白い映画でした。また観たい。

あともう1つ!吉高由里子さんの役が良かった。ただのヒロインではないのと、冷静で知的、的確なツッコミをまっすぐ入れる感じがとても良かった。橘さん(役名)ありがとうありがとう!と思うシーンがいくつか。それから松重豊さん。地毛の白髪なのはこの作品きっかけなんだとか。この諏訪部って役がもう本当に良かった!!

やー、魅力的な俳優さんがたくさんで良いものを観た。テーマは正義とは何かなんだけど、なんかモヤる!という部分があるのがとても良いです。ちなみに私はもちろん最上にも、沖野にも全面的には共感はしてない。それもまた良かった。

お題「最近見た映画」

夏の終わり

特にまとまりもない、雑記。

涼しくなったお盆の週末に今年初めて浴衣を着た。初めて袖を通した麻の葉柄に、こちらもお初のつばめ帯(ハセガワアヤさんの「webshopばらいろ」のもの)。

渋谷の夏祭りに行って、向井秀徳のフリーライブを観てきました。ご近所さんらしく一度近所でお見かけしたことはあるけど、ライブは初めて。クドカンがらみのZAZEN BOYSを少し嗜んだ程度ですが、楽しめました。贅沢だわ。



夏のピークが終わって、終盤だなと思うようになりました。また暑さが続くけど、これは長い残暑の始まり。夏は、終わりなのだな。

花火を見に行ったりしないのに、この歌を聴きたくなるし、聴くと夏の終わりを感じる。エモいってのはこういう気持ちよねって思う。フジファブリックの「若者のすべて

若者のすべて

若者のすべて



夏の終わりの一曲と言えば、嵐さんの「夏の終わりに想うこと」もとても良いです。シングルのカップリング曲でどのアルバムにも入ってないのですが(シングルのカップリングはアルバムに入らないジャニーズあるある)名曲です。ずいぶん前なので皆さんまだ声が若いけど(櫻井くん以外)さわやかな恋愛ソングです。

こういう時はいこれ!って動画とか出せないのがつらいとこですね。ググってください、何かしらが出てきますんで。

アオゾラペダル

アオゾラペダル

これのカップリング。アオペダはスガシカオさんの曲で、これもまた良い曲です。今歌ってほしいかも。

8月最後の週末。夏の終わりってエモいよねって話でした。なんでかな。平成最後の夏だからなんでしょうかね。まあ、まだまだ暑いけど。

ボディメンテナンス進捗

腸腰筋を感じることができるようになった私ですが、ある日帰宅して着替えているときに身体の変化に気づいたのです。肋骨の下あたりがペコッとへこんでいる。触ると中は硬く、外側には忌まわしい皮下脂肪がプルプルと覆っている。皮下脂肪は馴染みがあるけど、この硬いものはなんだ?試しに、足底筋と骨盤底筋を締めるポーズをしてみると、腹筋を取り囲むように硬いものが出来ている。

これは!筋肉というやつでは!

皮下脂肪が乗っかっているし、腹部の前面の腹筋は鍛えてないからポッコリしたままなんだけど、腰のくびれ部分だけ少し引き締まった感じはある。鍛えられたのは腹斜筋だか腹横筋だか分からないんですが、他に思い当たる節がないので、これはボディメンテナンスの効果なのでしょう。

レッスンの日でなくても、腸腰筋だ足底筋だ骨盤底筋だと意識しているだけで、例えば電車待ちしてる間とか、休憩室でコーヒー入れてる間とかにキュッと締めてるだけなんだけど、こういうのが効いてくるんですね。続けていれば全体的に効果が出てくるんでは。中年以降はただ糖質控えて有酸素運動するだけだとシワっぽく痩せるので、うまくやらないと美しくない。脂肪を落とす運動は必要だと思ってるけど、インナーマッスルを整えておくことは美容的にも大事。若い頃みたいに、ただ細くなりたいんじゃないもんね。少しでも効果が出てくればモチベーションも高まるというもの。続けていきましょう。

ちなみに…
足底筋トレーニングのためには、ヨガブロックの上にかかとから足の1/3位をはみ出すくらいに乗っかって、足指と土踏まずのアーチ部分にグッとチカラを入れて立つ練習。その時膝を伸ばしてしまうとふくらはぎが疲れるので、膝から力を抜くのが大事。で、書くほど簡単ではない。いつもふくらはぎパンパンになる。

suria(スリア) [ヨガブロック ローズグレイ]

suria(スリア) [ヨガブロック ローズグレイ]