ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

令和からはじめる写真日記(5/17〜23)

とりあえず続いています。


5/17(金) 後輩から巻き上げたクリアファイル

オリコカードCMの長瀬は大好物である。イケメンが真剣な顔で馬鹿らしさ全開って最高じゃないか。

後輩は「たくさんあるからいいですよー」って言ってた。


5/18(土) 実家へ

母のPCの具合が悪いというので、オットと言う名のエンジニアを同行。

持ち帰れてない祖母のキモノを一部持って帰ってきた。この紬はすぐ着られるし、十日町紬は単で仕立てたい。


5/19(日) フレンチカレーとワークマン

オットがワークマンのアウトドアウェアを使ってみたいと言うので店舗を調べたら杉並店が最も近いことがわかり、ついでに西荻でランチ。フレンチカレーなるもので気に入ってしまった。会社の近くに欲しい。

夕方はヘアサロンに行って髪をさっぱりと切ってしまった。長澤まさみインスパイア(現実の姿は見ないことにしている)


5/20(月) ギガがねえ!

仕事でもiPhone使うんですけど、低速で困った…(意地でも追加はしない)月曜日、バタバタした。くたびれが発生。

ホント、誰よデータ容量のことギガって言い始めたのは。


5/21 (火) べしゃべしゃ降り

ちょうど通勤時間に大雨。

雨の日用のブローチもある。


5/22(水) そういえばぬか漬け始めてました

米ぬかから始めたんじゃなくて封を切れば漬けられるものを使ってます。一度失敗してるのでイージーな方で…。

大根おいしい。お気に入り。冷蔵庫に入れておくとにおいが気になるんだけども。


5/23(木) 陽が伸びた

18時半過ぎに退勤したら外はまだ少し明るい。

コミュニケーション不全のひととやりとりして消耗、最寄りの路線が人身事故で大混雑。

疲れたけど、さあ、あと1日がんばれば週末。


来週も続くかなあ。

お題「今日の出来事」

パンストと宿題(靴下生活はじめました)

宿題が嫌だからと不登校YouTuberになった小学生が話題になったけど、それ自体はどうでもよくて、そう言えば私も小学生の頃は宿題が嫌いだったなと思い出した。嫌いというと正しくないな、大人から押し付けられるものの象徴として捉えていたようです。大好きなマンガを読んだり描いたりする時間を宿題に食われてしまうのが本当に嫌で、宿題に反対することが大人へのレジスタンスだと捉えていた時期が…あったのです…小5の頃の話。もちろんレジスタンスという言葉を知るにはもう少し後、TM NETWORKのファンつまりFanksになるのを待たねばならないのですが。レボリューションもだな。しかし大人にとってとても良い子であったワタクシは直接反発することはなく、読書感想文のなかで宿題撲滅を訴えたり、「シナリオを書いてグループで劇を作ってみましょう」という国語の授業のなかでオリジナルシナリオを執筆し(多くの子はすでにある物語を脚本化していた)、同じグループのメンバーに芝居をさせ、そのなかで宿題反対のプラカードを掲げるなどの宿題ヘイトスピーチをしておりました。変わった子であったことだよ。

そういう個性はクラスの女子のクソつまんない同調圧力によって徐々に消されていくんですが(それが生存戦略でもありましたしね)、性格の基礎部分にそういうレジスタンス的なものを持っているほうなので、万年平社員の中年の地位を確立しはじめている最近ではむくむくとその性格というか性根が姿を表し、くだらねえ空気は無視していこうみたいな気持ちになっているのです。

で、靴下生活を始めることにしました。

えっ、レジスタンスのわりにはゆるくない?

以前別のエントリでオフィスカジュアルの私的カジュアル化、脱パンストについて言及しましたけど、私の中でOLファッション=パンストであったことに突然気が付きました。最初の会社の新人研修で言われたんですよね、適切なファッションとは、みたいな。華美なアクセサリーはしない、ネイルも華美にしない(クリアかベージュピンクのみ許可)、メイクは必須、でも華美にしない、スカートの丈も長すぎず短すぎず、ストッキングを履いてパンプスを履きなさいみたいな。スーツとパンプススタイルが超絶嫌いだったのに何故かBtoBの法人営業を選んでしまったので仕方なかったのかもしれないけど、そのころに「会社用のふく」「普段用のふく」(のちに「キモノ」、さらにのちに「アウトドアスタイル」)みたいなクローゼットのカテゴリー分けが出来てしまった。内勤になって外部の人に会うときも発注者・クライアントとしてなので、お客様向けの格好をしないで済むのに(まあお客様向けだってカジュアルでいいと今は思うんだけど)なぜかかたくなに「会社用のふく」をせっせと買って日々着ていた…。先日も描いたとおり、これが急に馬鹿らしくなって、「概念としての古い上司たち」に対するアンチテーゼとしてのモアカジュアル・イン・オフィス、それを象徴する「靴下」を履くというところにたどり着きました。マキシスカートも履くし、華美なネイルもしてやる。それはただ派手にしたいわけじゃない、キーワードは「私が好きで選んでいるもの」だ。

文字にするとたいへん馬鹿らしい。しってる。しかも弊社、服装は比較的フリーに近いので靴下で働いてる人、うちの会社にもたくさんいる。読書感想文で宿題撲滅を訴えるほうがまだロックだと思う。でもその馬鹿らしさをふくめての脱パンストはちょっと面白いと思ってる。わたしが面白ければいいのです。そして私の思い込みからの解放なのです。それが〜いちばんだいじ〜〜。(TPOや気分によってはパンストにパンプスも履きますよ。)

上記は昼休みに勢いで書きました。

最近のメンクイ

ゆるいダイエットを続けてるのだけど、炭水化物の扱いにはいつも困る。炭水化物というか糖質を控えめにするのがいいのか、それともバランスよく食べるのがいいのか、朝は食べたほうがいいというけど、無理に食べなくてもいいともいう。何が正解か分からないけど…。とりあえずカロリーは控えめに、タンパク質と野菜は積極的に…を心がけている。だから大好きな麺類を食べないというわけではないのだ。

そんな最近の貴重な麺類。

代田橋の「まるやま」。二色そば。いいお値段だけど味は保証。田舎蕎麦の粉の香りと二八蕎麦の喉越しが一度に楽しめる。

盛岡に帰った時、ドライブで行った秋田の産直併設の食堂で稲庭うどん。何故か出てくるのが遅くて辛かった…。でも、つるつるで喉越し◎。

これも盛岡。ワンタンが、プルプルの「たかみ屋」。並んでも食べたい懐かしい味。おしょうゆ味がいいのです。

盛岡行ったら食べるよね、「白龍」のじゃじゃ麺。言わずもがな。(帰省した時の日記に書いたけど、滞在中2回食べた)

武蔵野うどんが食べたいという私のリクエストを聞いてもらって幡ヶ谷「めんこや」の肉汁うどん。コシが強く粉を感じる武蔵野うどんが妙に食べたくなることもある。

会社の人たちと不定期に開催してる悪いランチの会。この日は刀削麺。別に悪くない。もっと糖と脂を摂取するための会なので優しめランチといえる。

ああ、どうしてこんなに、粉を練って切ったものは美味しいのでしょうねえ!

久々の、という割にはよく食べてますな。体重の減り具合が良くないのはこのせいかな?

作ってみた

創作料理のお上手なMarcoさん(id:garadanikki )のブログの中でも私が好きなのは再現料理で、どこかで食べたものを実際に再現しようと工夫されてる日記です。再現するためには何が入っているのか推測するための知識が要るし、センスも必要。最終的にそのうちの味に落ち着いたとしても、それは創作料理。そんな才能と技術と知識に脱帽です。

その中で気になって仕方なかったものを…味も知らずに真似してみました。

みどり大根ときゅうりのキューちゃんとアボカドの和え物。

garadanikki.hatenablog.com
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/garadanikki/20190501/20190501115018.jpg
(すみません、お写真お借りしました。)


無謀な試みですよね、完成形を知らないし、どこかのお店の創作料理だからレシピもないし。作り方を真似してみただけです。

そもそも、長野の上田で買ってくるというみどり大根なるものがない。甘みが強いというので普通の大根の青い首部分で代用。

きゅうりの漬物は義実家からもらって食べきれてないものがあるのでちょうどいい。

アボカド、好き。(アボカドに対する情熱だけで作った気もする)

ほい。

姿だけはなんとか真似できた気がします。特に味付けがなくてもアボカドときゅうりのキューちゃんの味が付いていてその美味しさはある。しかし、何かが足りない…。食材の味をまとめる何かが。今回は少しだけ「たつっと塩だれ」を加えたけどコレジャナイ感がある。

再チャレンジかな。すでに再現ではないけど。


ちなみにMarcoさんのパクリはこちらも。

いい感じのジャンクなのに野菜がたくさん食べられるのです。こういうの、好き。こうしてよそのお家をまねしながら楽しく暮らしているのです。

お世話になっております!(改めて)

令和から始める写真日記(5/9〜5/16)

おめでとう、また更新できるくらいに続いたよ!

5/9(木) エンドレス鼻水

体調は一進一退、というか会社にいると具合がよろしくない。メンタル的なものかな。

隣のビルの植林がわっさーとなっており、新芽の季節を感じるなど。ツツジもきれい。


5/10(金) 週末ログイン

体調は回復したがなんというか、チャレンジの年なのだなあと。自分の実力をよく分かったから仕方ないのか。あー、楽な仕事か楽しい仕事したい。

オットが飲み会なのでひとりごはん。たまに無性に食べたくなる汁なしタイ太麺。


5/11(土) オット生誕祭

誕生日なのでおしゅし。

昼間はお友達ファミリーとサイゼパーティだったのでカロリー的に贅沢な日となりました。


5/12(日) 蚤の市

ちまちましたかわいいものを物色するのはココロに良い。
https://www.instagram.com/p/BxWOIVJAKUt/
東京蚤の市で買い物中〜。楽しい。大井競馬場クラフトビールをいただく!

1日満喫しましたが、やっぱり堂島孝平のライブ見てくれば良かったな。


5/13(月) 週明けバタバタ

本日のブローチはジロ・デ・イタリアが始まってるので自転車モチーフ。

DAZN放映になってからはとんと見なくなってしまったサイクルロードレース。カムバックJスポ!


5/14(火) 帰宅したらごはんがあるうれしみ

ヨガ(ボディメンテナンス)から帰宅するとごはんが出来てた!

ちゃんと鰹節と昆布で出汁をとったらしい。美味しかった。ありがとうございます。


5/15(水)ストッキングが嫌い

靴下生活はじめました。

いや、まあストッキング履くこともあると思いますが。会社ファッションの何が嫌かってパンストなのよね。黒タイツは好きです。


5/16(木)

ランチを久しぶりに外で食べた。カオマンガイ

最近、色々経験した(そしてコテンパンにやられた)ので、何かを成すということをよく考える。何者にもなれなかった中年の、再びの思春期か。いわば思秋期?


来週も、続けよ。(CV. ウッチャン

お題「今日の出来事」

暑くなると必須のもの

さわやかな季節もそろそろ終わり…?私花粉症の心配もなく、梅雨にまではまだ時間のある5月中旬くらいが東京で一番良い季節だと思っているんですが、そろそろ終わってしまうことを、地団駄ふんで嫌がりたい。梅雨が終わると暑くて長い夏がやってくる、最悪だ。

湿度が高くなると必要なものが出てくる。

タオル地のストール

近年頭の中からの汗がすごくて、駅で電車待ちしてると私だけ首筋にダラダラ汗をかいてみっともないので、夏は毎日タオルマフラーを巻いてる。エアコンが寒いときにも役立つので必須。

薄手のカーディガン

平日は真夏でも長袖のカーディガンを羽織って家を出る。日よけの意味合いもあるけど、満員電車で知らない人の半袖の腕とぴたっとくっつくのがほんとにいやなので。みんなあれ不快じゃないんだろか。汗かいた他人の肌なんか直接触れたくないじゃない…。カーディガンでは暑いからアームカバーにすることもあるけど、そうすると二の腕あたりに不意の素肌があったりして、ノースリーブの人とぴたっとなることがあり、ノースリーブの人に猛烈なイライラを覚えることがあるのでカーディガンの方が良いのです。ほんと、繰り返すけどみなさん気にならないのかな!

髪サラサラスプレー

先述の通り、頭の中から猛烈に汗を掻くので会社に着く頃には襟足の髪が濡れた状態になっていることが多いので、資生堂プレイリストの、濡れた髪をパウダーでサラサラにするスプレーを愛用…しかしプレイリストって昨年ブランドをやめちゃったんですよね。同じような商品を早く見つけなければならないのだった。

なんか狭量なのを全開にしてしまいましたが、本格的な暑さがくる前に準備しなければ。ああ、夏なんか来なければいいのに。

東京蚤の市に行ってきました

タイトル通りなんですけど、「東京蚤の市」に行ってきました。

第15回東京蚤の市 | 2019.5.11(sat) – 5.12(sun) at大井競馬場


撮影:PENTAX K-70、SMC TAKUMAR 28mm f3.5

昨年まで京王閣で開催されていたものが会場が広くなり、大井競馬場で開催。私は2日目の5/12に行きましたが初日は開場から混雑してしまい大変だった模様。翌日はかなり改善されており、混んではいたけど、そんなにストレスを感じませんでした。モギリのオネエ様たちの捌き具合がすごかった…!


心内にあれば
色外にあらわる

東京北欧市も同時開催。どんな人たちがそんなにたくさん来るんだろうと思ってたら北欧好きそうな人たちが多かったです(ざっくり)まあ私もそのうちの1人なので、非常に居心地は良かったです。

本当はこういう食器で揃えてみたい。

撮影:PENTAX K-70、SMC TAKUMAR 28mm f3.5

西洋アンティークも多い。

撮影:PENTAX K-70、SMC TAKUMAR 28mm f3.5

古道具だってまだまだ使えるんだよな…。左端はタートヴァン(ワインの試飲するやつ)かな?スペードがおしゃれ。

撮影:PENTAX K-70、SMC TAKUMAR 28mm f3.5

ドライフラワーも人気でした。

撮影:PENTAX K-70、SMC TAKUMAR 28mm f3.5

大井競馬場、空が広い。混雑してても窮屈でないのは助かる。

日暮里の夕焼けだんだんのところにある生活雑貨のお店も出店してた。カゴを購入。(先日お店に行った時に買わず猛烈に後悔したのです)


コレクティブルのファイヤキング。絵になるなあ。

撮影:PENTAX K-70、SMC TAKUMAR 28mm f3.5

目当てのカゴをゲットしてタスク完了したのでとりあえずビールをいただく。大井競馬場オリジナルのクラフトビール。私は黒をいただく。

こんなものも見つけてしまった。飲み比べセット。こちら500円。


私は手前の3つ、おだやかセットをいただく。飲みやすい純米吟醸〜。量がしっかりあるので足元気をつけて!

お友達ファミリーと遊びながら、ほろ酔いで手ぬぐいを買い増したりして、満足げに帰途につくのでした。日差しと人混みにちょっと疲れたけど。

お題「もう一度行きたい場所」