ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

フライパンリニューアル2018

どうして買い替えというのは同時にやってくるのでしょうね、コスメによくあるんですけど。しかし今回はフライパンです。年末に食べ残したタラを酒蒸しにしようと思って、深めのフライパンになぜか調味料を失念してタラだけを火にかけたため、ひどい焦げが残り再起不能…とまでは行かずとも次に使いづらい状態になってしまいました。まあ、もう3〜4年使っていたのでテフロンも少し剥げていたんですけど。

それをキッカケに新調した鉄製フライパン24cm。

と、すると「買い換えねば~」と言っていた26cmのテフロン加工のフライパンも加工がはげてきて買い替え時期なので、えいやっと気になっていた白いセラミックフライパンをポチりました。
https://www.instagram.com/p/Bd35Hban2QZ/
フライパンリニューアル2018(左は鉄製、右はセラミック)

鉄製フライパンはFD STYLEという工業デザイン会社のものらしい。だからか、デザインがシンプルでとても良い。そして他と比べて軽い!これがとても大事。かつ、鉄なのに使う前のシーズニング(表面の塗装を焼き溶かす作業)が要らず、焦げ付きにくい、しかも洗うためのささら付き。せっかく鉄製を買うのだから長く愛用したいと思っているので、デザインが気に入っていたり軽くて使うのが楽なものがいい。緑がかった鉄色も美しい…。無骨なプロ仕様のものも格好いいけどズボラな私には長く愛用できる自信もない。この辺りのバランスを考えると最良の選択だったのでは。自画自賛の買い物ですが。

使い勝手はもちろんですが、野菜炒めをしたところシャキシャキに仕上げられました。目玉焼きを焼いてもくっつかずスルーっと。周りはカリッと焼けて今のところ上々。

セラミックの方は年末にも買いたのですが、調理中の食材がよく見えるということでまずは何年かお試しかなと。こちらも安物を買ったつもりはないのでしばらく大事に使いたい。こちらも新しさもあって汚れがすぐ取れたりして気分が良い。少し重たいけど、先日まで使っていたテフロン加工のと同じくらいなのでマイナスにはならない。煮物など作りやすそうで(お醤油色が見えるのいいですね)今から楽しみですよ。

さて、料理のレパートリーを増やさねば。