読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

ボロネーゼを得意料理にしたい

オットの希望によりボロネーゼを晩ご飯にすることになりました。平日なら時間と手間がかかり過ぎるので断るところですが、幸い休みでしたし、料理モチベーションも高かったので快諾しました。いつもはなんとなくこんな感じ、で作ってしまうのですがいつも「トマトソース味のひき肉パスタ」になるので、ボロネーゼレシピについて調べてみました。

こういうときはなるべくクックパッドは見ないのね。企業のサイトで紹介されているレシピか、料理研究家ぽい方のブログなどを見るようにしています。クックパッドは玉石混交過ぎるので。

いくつかのブログやサイトで調べてみると、野菜をよーく炒めて「ソフリット」というものにすることが必要なようです。そして私はいつもこの炒めるのが足りなかったみたい。ひき肉もまず焼き目をつけるほどカリッと焼くことが大事な模様。この辺もちょっと適当だったかも。ソフリットとひき肉の焼き目に注意して私風で作ってみることにしました。

玉ねぎ 1/2個、セロリ1/4本、人参1/2本、ニンニク 1個をみじん切り。ニンニク以外はブレンダーのチョッパーを使いました。簡単過ぎて今まで手で切っていたことにぜつぼう!(大袈裟)数秒でみじん切り!玉ねぎなんかかけ過ぎておろし玉ねぎに近くなってしまった!

ニンニクをオリーブオイルで炒めて香りが出たら、人参→セロリ→玉ねぎの順に入れて、たまねぎが茶色くなるまで弱火でじっくり炒めます。30分くらいかかりました。量も半量くらいになっちゃった。これが「ソフリット」なんだそうです。

ひき肉は、牛肩ロース肉の薄切りを買ってきてこれもチョッパーでミンチに。近所のスーパー、牛ひき肉売ってないのです。お肉は牛肉100%。300gくらい。このひき肉を混ぜないで広げてオリーブオイルで焼き目がつくまで焼きます。塊ごとに焼く感じ。

お肉に焼き目がついたら、ソフリットと合わせて煮込み用のお鍋へ。ここに赤ワイン100ml、コンソメキューブ1粒。ひき肉を炒めたフライパンに赤ワイン50mlを入れて、炒めた時に出た油も絡め取って鍋に入れると出汁になるそうです。

赤ワインを加えたら水100mlを加えてアクを取りながら煮る。アクが出なくなったら、トマト缶をつぶしながらまるっと1缶。これで40分ほど煮詰めます。

いい感じに煮詰まったら、塩胡椒で味を見て、はちみつを加えました。カラメル加えるとかあったのですがピンとこなかったので、うちではちみつに変えてみました。ここまででも調べたレシピ改変してますので取り扱い要注意です。うち仕様って感じ。

以上、だいたい2〜3人分の分量ですが、うちでは2人で食べちゃいました。パスタで余ったぶんはワインのつまみに…w

パスタはフェトチーネにしました。

ありがとう一眼レフさん、シャレオツな画像になりました…!!

食べ始めたらあっという間にペロリです。あー、1時間半かけて作ったのに…。多分倍量かもっとたくさん作って、小分けして冷凍しておくと作り置きに良いと思います。週末に元気な時にまたやろう…元気な時に。

ブレンダーの真価をいまさら発揮しているようです…(買ったのは2年くらい前)

kwaico.hatenablog.com


お題「得意料理」