ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

Blast参戦準備!

来週シルバーウィークに、「ARASHI Blast in 宮城」に参戦するのですが、野外なので雨対策をしなければならないのと、宮城ひとめぼれスタジアムへの道程がなかなかハードだということでココロと装備の準備が必要で、参戦する方々のツイートやらブログやらを眺めております。(想像力!行動力!大事なのは自分のハート!)フェス、というかフジロックに慣れている人はこれ強いなあと思いつつ、登山の道具なら一通り持っている私は何を装備できたのか、一応メモで残しておきます。


レインウェア

これは手持ちの山道具から。はじめて登山するときに購入したレインウェアです(色はブルーだけど)こんなに山にハマッて使うようになるならストームクルーザーのほう買っておくべきだったかなと買い替え問題にまで発展しています。(買わないけどね)

手ぬぐい・タオルの類を首に巻いてレインウェアを着込めばそんなに雨が入り込んでくることもないと思います。

 

レインハット

こちらは借り物で。ゴアテックスのハットを持って行きます。雨の具合によっては、ウェアのフードをかぶってしっかり紐で締めた上にレインハットをかぶると最強ですが、絵的には問題があります。フードかぶっちゃうと音も聞こえづらいんだよなあ。その点でもハットがいいかなーとか。迷惑になるかなー?

 

シューズ

日本野鳥の会のレインブーツ等持っているのがベストなんでしょうけど、持ってないし、かといってわざわざ買うほどの余裕もないので…愛用のメレル・ジャングルモックを買い換えてしまいました!!(何を言っているんだろう)もともとソールは雨の日にはいても大丈夫なくらいだけど、今回3足目として買ったのはゴア仕様!

シューズなので足首周りから雨が入るのを防ぐため、山用のロングスパッツを使えば、レインウェアもあるし雨はしのげるのではないかな。


温度調節

昼間やライブ中は暑いかも知れないけど、バスなどの待ち時間は夜になるので寒いかも…という心配にはアンダーウェアで対応。またまた日本が誇るアウトドアブランドの登場。

速乾性と保温性を兼ね備えた年中無休の定番アンダーウェア。タンクトップは普段使いもできそう、サイクルジャージのインナーにもなりそう、というわけで今回採用となりました。モンベルは本当に低価格高機能ですばらしい。デザインとカラバリはダサいけど。ダサいくらいなんだよ、ガマンしろよ。

あと本当に天候によってはメリノウールの長袖Tを着よう。本格的にアウトドアスタイルになってきたけど。夜は寒そうだから、軽い羽織もののほか、ダウンベストも軽いし持とうかなあと思ってる。


ゴミ袋

まあ、野外コンサートの雨対策としてこれは外せないでしょう。実際に降ったら、自分にはレインウエアを、手持ちの荷物は全てゴミ袋に入れて座席の下!中のスタッフバッグも防水のにするつもりだけど、これでかなり安心感ある。 

その他…

特に雨対策でもないけど、常備薬のロキソニンと葛根湯は持参。それから必要ないかもしれないけど携帯トイレ、貼るカイロ、おやつ。(とらやの羊羹の一口サイズが出たというので探します)

 今のところはこんなイメージです。