読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

PVより ふつーうに~ UUが好っきー

こんにちは。

金曜日でPV数も少ないので、雑記。雑記以外に何があるんだと言われれば…ないんですけども。
 
Miitomoなどでもそうなんだけど、友人が私の長所について「日々の生活に楽しみや喜びを見出している」ということを言ってくれる(書いてくれる)ことが多い。実際日々の生活は楽しく過ごしているし、小さいけれど確かな幸せ(村上春樹のいうやつ、小確幸)は大切にしたいと思ってます。だから長所としてこのポイントを挙げてもらえて本人とても喜んでおります。
 

私のMiitomo。似てるらしい。

f:id:kwaico:20160421214556p:image
 
でもこれはブログを書いているからついた習性なのだと思っています。いまでこそはてなブログですけど、かつてははてなダイアリー。自信ないマンだった若い頃は多少尖ったことも書いたり書かなかったりしましたけど(仕事できる風に見られたかった頃があったのじゃよ)知らない他人からの評価がどーでもよくなった頃から、ダイアリーにはありきたりな日常を書こうと決めて、主に生活と趣味のことばかり綴ってきました。ただの脳内垂れ流しの時もあるし、多少ネタとして書くこともあるけど、基本的に明るく楽しく不快感ないよう、評価はさておき他人に読まれてもはずかしくない自分のための記録(な、なるべくね…。「好き」はだだ漏れしがちだけど)だという意識をもって綴ってきました。だから、私の感じたこと、見たもの、摂取したことが中心で、ともすれば同じような毎日をすごしてしまうところでも、何かネタを見つけて記録してきたんですね。それが生活の中に楽しみを見出せるようになる訓練だったかもしれません。

おかげさまで?大きく注目されたことはありません。そしてそれを望みません。特に近年はその傾向が強い。誰に見られても困らないものしか書いてない。その程度のあたりさわりのないものだから、つまんないかもしれない。でもそれは私の日常なので、知らない他人からはつまんないと言われてもいいやと思ってます。
 
だから、いちげんさんにたくさん見られることよりも、特定の人が定期的に読みに来てくれる方が私は嬉しい。パッと見て帰られるより、ちゃんと読んでくれる人がいるのがありがたいです。テキストサイト時代の人だからでしょうかね。
 
流行りだからと、SEO気にしてブログを書いてみようとした時期もあるのですが、あんまり私には意味がないのでやめました。一記事が当たってもそればかり書くわけにもいかないしなあ。この日記ブログの場合、パーツの1つでしかないので。それにマネタイズしてるわけでもないからPVにこだわる必要性もない。友人知人、ウェブで知り合えた楽しく素敵な人たちとコミュニケーションできればいいかなあなどと思いつつ、書き続けていきたい所存です。
 
↓「小確幸」ってどこに書いてあったっけなと調べたらこちららしい。
村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた (新潮文庫)

村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた (新潮文庫)

 

 村上春樹の単行本をほぼ読んでたってのがこそばゆいお年頃です。