ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

モノより思い出

父の月命日なので、花を買ってきた。が、うちには花瓶がないので先日買ったばかりのメイソンジャーを花瓶代わりにした。仏花なんか飾ったら父に文句を言われそうなので、スイートピーにした。オレンジの~スイ~トピ~イ~♪

http://instagram.com/p/y4QTxMpgED/

月命日だから花、なんて書いたけどこうして月命日を意識して何かをするようになったのは今年に入ってからだ。写真を飾ったのも先月になってからだった。なんというか…死者に対して行うこと、弔い?そんなことを意識しだしたのが正月を過ぎた頃。それまではやはり、父が亡くなったということをどこかで理解していなかったような感じ。

私は父の死に立ち会ったので、亡くなったときのことはよく覚えているし、おりに触れて思い出すし、これからも絶対に忘れないと思う。呼吸が止まったときのこと、亡くなっても高熱はすぐには下がらなかったこと、それが数時間でモノみたいになっちゃったこと。そばで見ていたから亡くなったんだとアタマではよくわかっていたんだけど、実家に帰ったら、そのへんからひょっこり顔を出して「お茶飲む~?」とか聞いてきそうだなあとか、ぼんやりしていた。そう言えば父は生前、「死んだらどうせモノになるんだから、葬式なんかするなよ」と言っていた。でもしちゃったよ葬式、ごめんよ。花も飾っちゃったよ。

それでもようやく5ヶ月たって、写真を飾ろう、花を供えようという気持ちになったのは少し慣れてきたってことなのかな、などと思う。

写真は、両親が尾瀬に行ったときのもの。父は尾瀬が大好きで何度も行っていたんだけど、母と一緒に行った写真の年の尾瀬行きが最後になってしまった。このときも体調が悪くて予定してたコースを歩けなかった。思えばこのころから少し調子がおかしかった。

母から何度もその話を聞いていたので、そのときの写真を父のPCからもらってきて飾ることにしたのだった。実質これが形見。いつか尾瀬案内してよ、と私が言ったのをずっとお友達に話していたらしい。娘と尾瀬に行くんだ、と。尾瀬に行こうと私が言ったのは、病院通いをしている父を励まそうと思って言ったんだった。結局父と一度も山歩きは出来なかったんだけど。

そういえば形見らしい形見はもらってない。欲しいとも思わないし、この写真があればいいや、と思っている。昔の日産の車のCMキャッチコピーじゃないけど、モノより思い出、だなあ。