ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

 癒され音楽


 一昨日ポチしたフジ子・ヘミングがメール便で届いていたので(便利な世の中になったものよのう)、早速堪能。14時間労働の疲労が癒されていく感。やはり音楽は必要だ。以前は濃い歌詞のついた歌がわりと好きだったが、近頃音楽に歌詞が要らなくなった。むしろ暑苦しいとさえ思うようになった。音楽に求めるのは気持ちよさ、心地よさ。歌詞がついているのなら、「アッパッパーなLady Feel So Bad About Me」くらい意味のないもので良い。偉大すぎるヒムロックサンボマスターなんかは以前の私なら好きだったと思うのだけど。


 お手伝いでやっているお仕事(ここでは副業とか課題とか呼んでいる)についてあれこれ巡らす。自分の名前で商品を出すということは、矢面に立たされることだと再認識。言葉は慎重に選ばねばならないし、全ての過程にこだわりを持つべきだ。叶うか叶わぬかは別として。