ツーアウト満塁空振り三振

生活密着型ウェブダイアリ1.0

料理担当の呪いを解きたくて読んだ本

最近、たくさん抱え込みすぎています。仕事がたてこみ、普段やらない早朝出勤なんかもし、ボディメンテナンスに通うのはサボらず、その他諸々もあり…抱え込みすぎた結果…風邪をこじらせています。

ああ、まともなご飯が作れない。

残業しなくてはならずオットより先に帰れない、そしてお腹すかせてる人を待たせたくなくてお惣菜を買って帰ってたり、あっためて食べるものになっちゃう。

自分の時間のためにご飯を待たせてしまう(ボディメンテナンス通ってると帰宅が21時半ごろになる)ので、待っててもらって外食になるか、先に何か食べててもらうなどになってしまう。

そして、体調悪ければやはり簡単なものになってしまう。

オットはそういうことで文句を言う人ではないし家事は協力的なんだけど、料理担当としては職務を全うしてない気がしてしまう。

身体に良い手の込んだ料理を…!毎日、オットの帰宅時に準備しているべき…!そんな脳内オカンがネチネチと言ってくるのでツライ。

誰も言ってないのです、脳内オカンは非実在

とはいえ残業は発生するし、ヨガにも行く。なんとなく後ろめたい気持ちになったときに、役立つ本を手にしました。

自炊力 料理以前の食生活改善スキル (光文社新書)

自炊力 料理以前の食生活改善スキル (光文社新書)

バランスを考えてコンビニで食べ物を買うのも自炊力の始まりというフレーズを読んで、そうなんです、バランスのとれた食事は自分で素材から調理するだけではないのです!!!必死に作ることにこだわってるときにこれはありがたい。ちょい足しとかね、買ったものに少し手を加えるとかね、そう言うのを許されると途端に楽ですよね!これはありがたかったです。オットにも読んでほしい本だな~。実はまだ読んでる最中なんですけど思わず書いてしまいたくなったほどでした。私は自炊力が少しはある人間なので、どうして白央さんがこう書いているのかというのがとてもよくわかるのです。わかりみありすぎる。そうだよな、大事だよな、と改めて思うことが多いので自炊力があっても読む価値ありです。

白央さんのブログは購読中です。
hakuoatsushi.hatenablog.com