ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

蔵前「台感」で鹹豆漿(シェンドウジャン)を食す

麺線を食べられる店はあるけれど(御成門の台湾麺線とか、二子新地フォルモサとか)鹹豆漿を食べられるところを知らないので、やむなく家で作ったりしてました。が、うろ覚えの部分も多く、台湾で食べたオリジナルの味を忘れている。それもこれも日本で食べられないからだー!うわー!とか(数年間)言ってたら、蔵前の「台感」が期間限定の朝ごはんとして鹹豆漿を出しているという。それも5月末まで!それは急がねばと週末行ってきました。

※こちら、5/27のお話。台感の朝ごはんは5月末で終了してますので注意!!

蔵前駅から徒歩数分のところにかわいいお店発見。雑貨屋さんの奥にイートインがありました。早速、鹹豆漿と蛋餅(ダンピン)のセットをオーダー。

おそらく、エビ油、醤油(マイルドな味)、黒酢で味付けしてあり、おぼろ状の豆乳はしっかりめ。硬めのおぼろどうふ。やさしい味。美味しい。あと2杯くらい食べられそう。蛋餅は小麦粉の皮で卵と具を巻いた卵クレープ的なもの。モチっとしていてうまいのだ。鹹豆漿と同じく台湾の朝ごはんの定番です。ここのはコーン入り。台湾で食べたものより上品で美味しい。

名残惜しかったけど食べ終えて、お店を拝見。台湾雑貨があった。食器おしゃれ。しまうところがあれば欲しい。

まだ開店前だったけどお隣が台湾雑貨のお店。小物や布類も見えた。開いてる時に来れたらいいなあ。

5月いっぱいなんて言わず、また開催して欲しい。でも、蔵前でかなりの台湾感を味わえて楽しかった。自宅鹹豆漿をまた極めたくなってきた!