読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

ズボラ女はシンプルライフの夢を見る?

日曜日の朝、いわゆるニチアサの時間を過ぎそのままテレビ朝日をつけたままにしていると、「題名のない音楽会」の次に「住まいのダイエット」という断捨離番組をやっており、家事しながらとかでついつい見ちゃうんだけど、まあみなさん溜め込んでいらっしゃる。片付けられない夫婦が出てきて、断捨離専門家やミニマリストの人からアドバイスを受けながら断捨離して、家の中を片付け、最後にどれだけのものを捨てたのかというのを測って終わる番組。片付けられない夫婦の片割れとしては参考になる部分も多い。でも「やーこれはひどい」という家庭もある。片付けのうまい人は賢い人でもありますね…。(その逆も然り?)

こういう夫婦や家庭を参考にして我が身を振り返ろうと思うのだけど、どのご家庭もはじめから物で溢れさせようと思ってないし、それなりに片付けてはいたりするのが、共感できるところかも。

これはひどいなー系でも、キッチンには所謂シンプルライフの素敵な方々が使ってそうなグッズが並んでいたりするのです。きっと素敵なシンプルライフを夢見ていたんだろうな当初は、と。私と同じだ。

しかしまるっとそのままではなく、少々「こちら側へ」寄せたセレクトなのがなんとも言えないのです。例えば、ニトリのホーロー笛吹きケトル。これ、実はうちも使ってるんだけど、シンプルライフ系の素敵な方々なら野田琺瑯のケトルを選ぶところなんですが、もうワンランクお手軽ってとこがね…妙に共感してしまうのです。スッキリ片付けられないところと、高級品を選べないところ(メンタル的にかコスパ的にかは分からないけど)が、私のようなものには、「あー!」となってしまうのです。これでは伝わんないね。すみません。

本家、野田琺瑯

いや、でも私は笛吹きケトルが良かったんや…。(葛藤)