ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

ビンディングシューズ、デビュー!

ロードバイク、都内だと「車が怖い」というアホみたいな理由であまり乗らないのですが、この連休中オットの地元の盛岡に自転車を担いで行ってきたので半日はポタリングして来ました。そして今回はビンディングシューズで初めて長めに走ってみました!

それまではペダルストラップをつけていたのですが、脚がペダルに固定されている効率の良さなども実感できました。

以前より女性用サイクルウェアについては好みのものが見つからずモヤモヤしていたのですが(最近は素敵なものも増えてきましたね)、それはシューズにおいても同じことが言えます。男性向けのビンディングシューズならスニーカータイプのものもあっておしゃれなものもあったのですが、女性用はレース仕様のデザインばかり。海外ブランドでデザインの良いものがあっても自分の足に合わない。ビンディングが楽だよと言われてもなかなか履きたいと思うようなシューズがなかったのも事実。それがようやくSHIMANOが、履きたいシューズを出してくれました。(SHIMANOのスニーカータイプはちょっとデザインがひどかったと思っています。子ども向けのズックみたい)

メンズ向けですがサイズは22.5cmからありました。私は23.2cmという普段の靴のサイズで合わせて全く問題なかったです。でもお店で試し履きするのは必須。

つま先が丸くカジュアルなこと、ベルクロの1つがドット柄になっていてかわいいこと、全体的に普段着に合うようなシンプルなデザインであることが気に入って、サイズチェックして即決。はあ。やっと会えたね。

私、レーシーなデザインのサイクルジャージも着ないので(大体、登山用のアンダーウェアになるロンTに普通のTシャツ&登山用のロングタイツに登山用ショートパンツみたいな山の格好してる)、靴だけレーシーなのだとバランス悪いのですよね。そもそも何十キロも走らずちょこちょこポタリングするのが好きなのでがっつりサイクルジャージ着る必要がないだけなのですけど…。あ、でも山の格好なので汗対策や日焼け対策はちゃんとされてるんですけどね。

カーボンのロードバイク無駄遣いするなよと思われるかもしれないけど(サイクルジャージ着てがっつり乗れよ、と)それぞれの乗り方があっていいじゃないですか。そんなわけで、カジュアルなデザインのビンディングシューズがいろいろ出てきて選べるようになったことはとっても素敵なことだと思うわけです。


通称ジャイ子

盛岡市内では路肩ガタガタな、都内より道が悪い道路もあるのだけど、交通量が少なくて気持ちが楽。特にビンディングに慣れてないので助かります。

岩手山は今回も美しい。昨夏に登ったことを思い出します(ザレてて登りづらく大変だった…)

早ランチで、盛岡駅構内のフェザン(駅ビル)に新しく出来た白龍(パイロン)へ。心持ち本店・分店・カワトク店より物足りない感じが…。これからなんでしょうかね。じゃじゃ欲は満たされず。残念。

白龍 フェザン分店

食べログ白龍 フェザン分店

気持ちの疲れは全然なかったのだけど、足と肩にダメージが多く…帰宅すると昼寝で爆睡(義実家で遊んでばかりいる嫁)。ランニングや登山よりも筋力アップの必要性を感じる久しぶりのライドとなりました。楽しかったけどね。