読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

おろしたてキモノと衣紋抜きデビュー

趣味 着物

久しぶりにキモノを着ました。今回の新感線の公演は、ステージアラウンド東京のこけら落としでもあるので、キモノ、帯、二部式襦袢、半襟、草履は新品おろしたて。まあ、こけら落としに合わせたというよりは、少しずつ高まっていたキモノ欲に任せてちまちまと買い物していた集大成みたいな感じです。サイズも似合う色も変わってきたし。

そういえばコーディネート遊びをしていた。
kwaico.hatenablog.com


草履は履きつぶしてしまったり、安くてペチャンコのウレタン草履しかなかったので、すこしまともなものを買おうとネットで評判が良さそうなカフェ草履を。

鼻緒がツボで即決。もっとシンプルなものをもう一足持っていてもいいかな、という気分。

キモノはポリですが、茶とアイボリーの細かい千鳥格子。帯は風香のポリ京袋帯。ポップな色使いのウロコ柄です。キモノの色がもっと明るいほうが良かったかもしれない。

襦袢もおニュー!だったのですが今回初めて衣紋抜きを使ってみました。今までは襦袢も長襦袢にしていたのだけど、その理由が「脱いだときに美しいから」。二部式襦袢は便利だけど、エロさが足りないという理由でほとんど使ったことなかったのです。衣紋抜きも、使うのがかっこよくないという理由で使ったことがなかった。でもこれ、10年以上前の話。まだまだ若くてモテたかった時の話。今、外で帯を解くチャンスはないしね?襦袢も見せないしね?それよりは簡単にきれいに着られる方がよくない?ということで衣紋抜きデビュー。結果、どうして今まで使わなかったんだろうと思った…。

やはり着付けをなんとかしたい。襟元とか、おはしょりとか。1から全部じゃなくていいので、きれいに着るポイントみたいなところを知りたいなあ。なんて言い続けてまだ探せてないのだけど。

襟の形は納得のいく形を追求したい。よく着ていた頃は、自分の形みたいな、しっくりいくのがあったもんなあ。ちなみに半襟と足袋は、白もしくはそれに準じた無地と決めております。なんとなくだけどそれがマイルール。

お題「マイルール」