読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

星占いは信じてる 天気予報くらいにね

こんにちは。

あっという間に12月も半分を過ぎたので、そろそろ今年を振り返ってみようかと。そんなわけでこちらのお題。

お題「今年のマイニュース」

今年の漢字を私が選ぶなら、多分「学」になるでしょう。今年はよく学びました。やー生きてれば大体学びがあるもんだけど、そういうのではなくて本当によく勉強しました(当社比)前半にはアロマテラピー検定1級、後半は毛髪診断士の資格取得。試験やそのための勉強なんて大学受験以来じゃないだろうか…。アロマ検は自己流だったけど覚えることばかりだからそれでも充分でした。一応どんな勉強したかはまとめてあります。

kwaico.hatenablog.com

毛髪診断士は仕事で少し必要になったので研修を受けてそのまま試験があって、1週間くらいで合否が来ました。本を読むだけでなく、暗記をするという普段使わない脳みそを使ったからか、試験勉強中は仕事のときにもよく頭が回った気がします。たまに違う頭の使い方をして刺激を与えないとどんどん馬鹿になる!

このほかにも先日も書いたけど、暗渠や高低差に興味を持ち始めたので雑学が増えました。これも学び。大人になって気が付いたことは、学ぶってことは新しい視点を得ることだってことなので、何かに行き詰ったら新しいことを学べばいいんだなと。なんか道が開けるような気がします。


話は変わりますが、星占いはそんなに熱心に信じているわけじゃないのですが、石井ゆかりさんは言い回しが独特なので読み物として面白くてフォローしています。そんな石井さんの昨年末に出てた2016年の「年報」に

この時期、山羊座の人の多くは、
何らかの勉強や研究活動、調査などに打ち込むことになるでしょう。
そこで得たものが、
「宝」を隠している壁を打ち破る手段となるのかもしれません。

2015年頃から、山羊座の人の多くは
「これまで使っていた武器は、
そろそろ、通用しないかもしれない」
と直観しつつあるのではないかと思います。
そして、古くなった武器を捨てて、
新しい武器を手に入れることを考えつつあるのではないかと思うのです。
この「古くなった武器を捨てる」作業は、
そんなに簡単ではありません。
なぜなら、
「どうしてそれが機能しなくなったのか」
を詳しく深く掘り下げなければ、
新しい武器をつくるためのアイデアが生まれないからです。
ある程度まで迷い尽くしたところで、
次の段階に進めます。

何が足りなくて、何が必要なのか。
自分には、どんな可能性があるのか。
それを、自分の内側へ、内側へと掘り下げても
たぶん、迷宮にはまり込んでいくような感じがするでしょう。
そこで、
「外に出て学ぶ」
という動きが生じます。
ダンテスが司祭から新しい知恵を授かったのにも似て、
この時期の山羊座の人は、
新しい武器となる宝を発見するために、
多くの知恵を吸収しようとするのです。
「師」に出会う人もいるでしょうし、
学校のような場所に参加する人もいるでしょう。
あるいは「これを学ぼう!」というふうに、
ある分野やテーマを発見し、
それを独学する人もいるだろうと思います。
いずれにせよ、学んだこと自体が即
「宝」に結びついて行くわけではないことも確かです。
学んだことはあくまで「カギ」や「宝の地図」であって、
それをもちいて、洞窟の奥の宝にたどり着ける、
ということになります。

山羊座

「学び」の年だと書かれていたんですね。でもこれをすっかり忘れていて、アロマ検定を勉強し始めたころにふと読み返し、「あれ?そういや私学んでる?」と気が付きました。診断士は以前から予定があったものなので、ああ、年報の通りだなと思いました。そしてどちらもゴールに直結するものでもなく、知識の幅を広げるためのもの。カギや宝の地図になりうるかもしれない。これに限らず、ざっくりとした方向性はあてはまることもあったりするので(もちろんそれは解釈次第だってことなんですけど)何かあっても、星のめぐりかもしれんと思うようにはなりました。すこーし気楽に。

星ダイアリー2017 山羊座

星ダイアリー2017 山羊座


ところで本当は、天気予報くらいに信じてるのは「君の愛」ね。90年前後の歌は名曲が多いんだよな…。ポップでポエティックで。

天気予報の恋人 CHAGE & ASKA - 歌詞タイム

PRIDE

PRIDE

不起訴で良かった気もするし、相変わらずモヤモヤします。