読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

気ままな富山旅行 その3

こんにちは。

富山旅行最終日。新幹線の時間までは約4時間。昨日までにみられなかった市内観光をして、お昼を食べて、買い物をするというスケジュール。

まずはあいの風とやま鉄道で富山駅へ。

富山といえば、置き薬。まずは、広貫堂資料館へ。もともとは「反魂丹(はんごんたん)」という痛み止めが江戸経由で全国区になり、薬屋さんが売り歩くようになったのだとか。その反魂丹の販売を管理するお役所が出来て、それが広貫堂の由来。こちらの資料館は広貫堂本社の敷地内にあります。

www.koukandou.co.jp


受付で栄養ドリンクをいただきました。


昔の薬のパッケージの展示。

結構しっかりと見学したのでそろそろランチにしましょうか。お魚はだいぶ食べたので、そろそろ違うものも恋しい。

というわけで富山で古くからやってるラーメン屋さんで、ワンタンメンを。

[食べログ]アクセスが制限されています


休日の昼時、デパートのレストラン街ということもあってざっと1時間待ち。美味しいワンタンメンだけど(ワンタンがたくさん入っていてプルプル)、待ち時間差し引きするとまあまあかな…。醤油の香りが立っているのに気がついて、こちらの人は富山ブラックといい、刺身醤油が2種類あることといい、お醤油好きなのかな?などと想像。

腹ごなしがてら散歩して、広貫堂とは別のくすり屋さんへ。

やはりここでも反魂丹。今では昔ながらの処方が分からなくなっているという反魂丹。鎮痛剤を手放せないタイプとしては、気になる。

市電で駅に戻り(余談だけど、市電乗るとポケモンGOが捗ります)、土産物と新幹線内で食べるものを見繕ってから新幹線に乗車。

軽く宴会をしてウトウトし始めたらあっという間に東京でした。

楽しい我が家の夏休みもこれでおしまい。雨に降られたり、予定通りにいかないこともあったけど、ゆったりとした旅になって楽しかったです。

近年は、登山とか輪行とか、はたまた遠征(コンサートの)だったりする旅が多いので、こういう気ままな旅も合間に挟んでいきたい。