読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

仙川湯けむりの里でリフレッシュ!の休日

こんにちは。

 
1月末に法事で出かけた日が寒くて、場所も遠くて、かなりくたびれて、1月の疲れが抜けないまま2月の最初の週を乗り切りました。しかし、いかんせん体調が良くない。ヨガに行っても苦しいだけでリフレッシュできない。ひたすら眠い。たまに息苦しい。ああ、これが四十の壁か…。そんな未病状態の私と、出張先で咳の風邪をもらってきていたオット。この週末はリカバリーに使おうということで、日帰り温泉に行きました。
 
最近サウナの魅力にとりつかれたオットが、いかにサウナが「整う」ものであるかを力説するので、私のサウナデビューにもなりました。
 
 
まず仙川駅を降りると、意外なオシャレ住宅街が開けていることに驚き…。以前湯けむりの里がオープンしたばかりの時に来たことのあるオットも、開け具合に驚いていました。猿田彦珈琲に、カルディのカフェ…?やだ、仙川ってばオシャレ!
 
同じ京王線沿線でもドトールロッテリアしかない我が街とは「これから感」が違う。いいなあ仙川。いやもちろん我が街大好きですけど!
 

設備を鑑みると入館料850円(非会員)なのも、比較的お手頃なのでは。倍くらいするところあるもんね。

 
1時間半後にオットと休憩所で待ち合わせることにして、女湯へ。
 
サウナの前に身体を洗って温泉に浸かり、軽く冷えを取ったあと、いざサウナへ。サウナは、12分サウナ→水風呂→休憩→サウナ…という交互に水風呂を挟むと「整う」らしいので、その方法にチャレンジ。
 
サウナ室内にはテレビがあり、「スクール革命」からの「ニノさん」という時間帯で俺得。しかし12分は我慢できず、まずは6分で水風呂へ。一息置いて、今度は9分まで頑張った。そのあとの水風呂は肩まで浸かり、フワーッと身体がゆるむ感じがし、「これが整うということかもしれん…」と思いました。が、手先足先の冷たさに堪えきれず、ザバァッと上がり、露天風呂へ避難。
 
露天風呂は大好きで、肩から上に冷たい風を受けながら、ボォ〜っとし、魂の解放。30分くらいそんな感じで過ごしました。
 
のぼせに気をつけながら上がって水分を取り、着替えて休憩所でオットと合流。サウナ3セットだったそうな。
 
禁酒中の私に合わせてオットもノンアル。ポカリの水割りを飲みつつ、遅めのランチでラーメンをいただく。すり鉢味噌ラーメンが美味しい。私は黒酢サンラー麺。
 
f:id:kwaico:20160208111306j:image
 
この日は、仙川駅周辺を散歩して帰宅したけど、体調良ければお茶して帰ることもできたので、それは次回のお楽しみにしよう。お湯で弛んだ身体にはチカラが入らなかった…。
 
帰宅して昼寝して、少しずつ復活しました。こういうリカバリーの日も大切。