ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

40歳の誕生日に抱負を語るなど

こんにちは。えつだむです。名乗ります。
 
とうとう本日で不惑の大台に乗ってしまいました。でも30歳になる数年前みたいな苦しさはなかったので、オトナになったのだろうと思います。いろいろ諦めがついたのかも知れない。もちろんいい意味で。
 
年の初めでもあるので、今年やりたいことを挙げていきたいんですが、節目の年でもあるのでこの先10年でやっておきたいことも加えておきます。この先変わるだろうけどこれからを考えるときにちょうど良い機会なので。
 

今年の「やりたいこと」

こちらは定量的に。(仕事でよく言われるやつ!)

 

趣味の充実

毎年しとるやんけ、と思われがちですが昨年は生活の変化もありそうでもないのです。低山含めてハイキング、トレッキングは全部で10回程度は行きたい。(昨年は5回)キモノはワンシーズンごとにでも着たい。ヲタごとも充実したい・・・おろそかにしてるつもりはないんだけど、優先順位は確実に下がっちゃったなあ・・・。まあ、そのときのテンションで上手にあしらっていきたい!ひとまず年末年始に「赤めだか」と「坊っちゃん」があったのはありがたかった。よいヲタ事始めでした。
 

インプット怠らず

趣味の本を今年より多く読みたい、月1冊くらいかな。仕事の本も読まなくちゃならない。インプットしただけではアウトプット出来ないけど、インプットなくしてアウトプットはないので(私の場合)。知らないことがたくさんあるんだよね。勉強をしたい気持ちが強くあります。
映画は出来れば毎月見たい。お芝居やライブももっと行きたい(チケ業務怠らず)。
 

健康のためのダイエット

3kg、出来れば5kg落としたい…!毎年言ってるのにできないのは意志の弱さをなんとかすべきなのかも。美容のためというよりはこれからの健康のためにランニングやヨガはちゃんと続けたい。
 

落語を聴きに行く

今年こそ落語はじめとしたい。まずは寄席に行ってみるとこからだと思ってる。YouTubeではなんか楽しめない、飽きちゃう。ナマモノ好きとしてはやっぱりライブで聴きたい。まずは母が好きな喬太郎さんのでも連れて行ってもらおうか。落語はじめと親孝行で一石二鳥!か?
 

ロングライド

イベントでも輪行旅行でもいいので、もう少し長く乗れるようになりたい。30kmくらいでひーこら言わない身体作りもしなくちゃ。目標90km(霞ヶ浦一周程度)。自転車旅行ではしまなみ海道に行ってみたいです。

 

40代で「やっておきたいこと」

 
さて、この先10年で「やっておきたいこと」こっちは定性的に!
さっきのが定量的かどうかって言われると困るけど!仕事でよく迷うやつ!

 

槍ヶ岳登山

憧れの槍ヶ岳へは40代のうちに登りたい。とにかく体力があるうちに一度。登ってしまったらまた別の目標が出来るだろうから、槍は通過点かな~、やだかっこいい。
 

一生着れるハレのきもの

今のところ江戸小紋を…と思ってるけど色無地でもいい。あつらえても、気に入ったのがあれば古着でもかまわない。袋帯は10年に一度用意できればいいかも。そのときどきに似合う色柄があるだろうから。
 

断捨離をする

過度なミニマリズムは好みません。モノに執着しない生き方は私には面白くない。ただ、自分に必要なもの/そうでないものの区別はきちんとつけたい。理想は、私が死んだとき、残された人が私の所有物を適切な場所に処分できるようにしておきたい。父が亡くなって、父しか分からない所有物(それはネット上のアカウントなども含めて)が多かったので、それをスッキリ分かるようにしておきたい。そのための断捨離。
 

資産を作る

お金のことはモチロンだけど、それだけではなくて「手に職を」ということなのかもしれない。今私にお給料をくれているのは会社だけど、それ以外にもお給料やギャランティを払ってもらえるような技能を持っていたい。それは今までの積み重ねでもあるので、まずは自分のキャリアの棚卸しが必要なのかも。その上で勉強するなり、人脈を作るなり、資格を取得するなりしたい。できるかどうかわからないけど、それがあるのとないのとでは、会社で働くことへのモチベーションが違うと思うんだよな。それが私にとっての「資産」。今の会社と仕事は好きだけど、私の人生の大切なところで何もしてくれないからね!これについてはまたいつかきちんと書こう。
 

老後を考える

 そしてそろそろ会社を定年した後のことも考えて暮らしたい。せっかく人生の伴侶がみつかったことだし、彼と一緒に考えるのも楽しそう。独身時代は老後を孤独に過ごすのかと考えて、真夜中に無性に悲しくなって1人で泣いたりしていたものだけど、今は彼が病気になってしまったらどうしようとかそんな心配をしている。とにかく二人とも健康に気をつけよう…そしてまじめに老後を考えよう。夢をもてるのかどうかも準備次第なのかも。 
 
 とりとめもないメモ書きのようですが、2016年1月7日現在思うところを書いておくと、誰よりも何よりも、いつか私のために役立つのです。役立つことを祈りつつ。