ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

 韓国ポメラ記・1日目

成田空港へは京成スカイアクセスで。5年以上前にのったっきり、京成本線は使ってなかったので、その変貌ぶりに驚き。空港で粉と待ち合わせの前に海外保険を申し込み。料金が5000円近くかかる。ネットで安いの探せばよかった。その後、粉と合流して、チェックイン→出国。売店でまさちゃん(現地で暮らしている友人)にごまたまごをかう。

機内食、エビチリ的なものがご飯にかかっている。あとなぜか茶そば的なもの。これはこれでわりとおいしい。対しておいしいものではないが、機内食はそれなりに楽しみ。アシアナはおいしい方だと思う。ビールを頼むと一缶でてくる。hiteビール。ライトな味わいだが辛いものに合いそう。


<機内食>

ソウル着23:30、ガイドに従ってホテルには1時着。それから明洞(ミョンドン)に徒歩で向かう。せっかくなので現地第一食目の夜食を食べに。ホテルレックスから十数分で明洞に着く。ホテルは、南大門市場(ナンデムンシジャン)近くの会賢(フェヒョン)にあるホテルレックス。水周りがきれいで、フロントで日本語が使えることをのぞくとただのボロいホテル。部屋もダブルの部屋にエキストラベッドが入ってるだけだし。まぁ、荷物置きと寝るだけなのでよい。

明洞では、日本で調べてあった24時間営業のお店(オダチリプ)にいくが、観光客向け。スンデは売り切れ、冷麺(ネンミョン)は日本で食べても大差ない、hiteビールの注ぎ方が悪い、で私内評価では赤店。たぶん二度と行かない。あとトッポギを頼んだがものすごく辛かった。粉が痛い痛いとテンパる。ひとり約8000w。市場をちょっと腹ごなしに散策してホテルへ帰る。就寝3時半。