ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

 僕はどこに向かうの 君の声が呼んでる

【近況1】「サッチャンの明日」を観にいってきました。

  • それはJナイの前日の金曜日。公休が余っていたので(弊社シフト制)休みたいな…と思ってたのに上司にダメと言われ、そこに重要なMTGがどーんと。前日まで「もう無理かも知れん」みたいな心持だったのだが結局15分遅れで会場に入れた!物語もまだ導入部分だったのできちんと観れて良かった。ギリギリでも行って本当に良かった。アラサー女子の悲哀がある部分でひどくリアル。それから人の考える裏の裏をかいて自虐を面白く魅せてたりしてああすごいなあと思った。普段私はキラキラの人たちがするキレイなお仕事を、なるべく純粋に真正面から受けようと努力してみているのだけど、「人間ほんとはそんなにキレイでもないだろ」って再認識させられる感じ、さらにそういうひねた感じをさらに哂いながら言われている感じ。面倒くさいけど面白かった。余談だけどパンクな宮藤さんがちょうかっこよかった。パンクな猫背。

【近況2】ネットしてません

  • 今私が書くのはおもにtwitterのみです。先日までタンブラーもしてたんだけど、どうもPCの動作がおかしくなるので最近は止めています。外国人のヲタの人がちょう面白いんだけどな…(例:回る翔さん)あと何かとフリーズするのであまりあちこちに書いてません。こことグ(arasick)のみ。そういう物理的な問題とあと時間的な問題でアンテナも見てない。というか、アンテナ登録しすぎて、なにが面白いのかちょっと分からなくなっちゃったんだよな。同じもの観て同じ感想書きあって馴れ合っててもな…という。何でしょう、私にも来たんでしょうか倦怠期(なわけないw)。あと今仕事も楽しい時期なので、会社で携帯ポチポチする頻度もぐんと減った。指示されないことで、良かれと思って動いたことも権限がないという理由で誰も相手にしてくれない会社(その上「お前が勝手にやった」という言われ方をする。これを言った元部長のことは今でも根に持っている、会う機会があったら笑顔で責めてやろうと目論んでいる)ではなく、必要だと思えば勝手に動けるし、きちんと相談すれば協力もしてくれるというのがいいな。これがやりがいってやつなのかとつくづく。

【近況3】とは言えよこしまな心で仕事している

  • 取引先にお気に入りの人がいてうっかり電話受けたりするとテンパるという自分でも「えっマジなのかよ!」と突っ込みたくなるんだけども、なにせ取引先なのでどうにも動けないという現状。しかし何ですかこの、片思い未満というのはなかなか甘酸っぱくて楽しいものなんですな。某アイドルさんが「片思いが楽しい」と言うコメントをしたときに「何だこの非モテ、愛せる!」とテンション上がったんだけども今ちょっとそうだよね〜とか共感している。なんだこのコミュニケーション不全。

【近況4】というわけでマンガを読んだ

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 第一の感想は「コスパわりぃな」。エロとかグロとかはそこそこ平気なんだけど、絵が凝ってる分流し読みしか出来ないじゃん…と、まぁストーリーは面白いけど好みではないのかなと。ではなぜ読んでるのかと言うのはご想像にお任せします。で、原作ヲタが映画化に当たってのキャスティング批判をしているようなんだけども、こういうのって自分ではどうにも出来ないことじゃない?そんなに嫌なら自分でお金出して好きなキャスティングして自分のお金で映画撮りなさいと思うし、それが嫌ならお金出して映画化阻止しなさいと思うわけですよ。これはビジネスで、制作費が40億円とかかかるみたいだし、経済効果で言ったらもっととんでもない額が動くわけでしょう。それだけじゃなくて人もたくさん動いているし。ヲタみたいな人がいるところにはお金のニオイが発生するし、そこで儲けようとする人がいるに決まってるじゃん、と。だから好きな小説やらマンガやらが好みでないキャスティングや演出をされたり、好きな俳優さんがウンコドラマに出させられたりしてもあんまり文句言わないようにしているのです。私の好きなこれとは別物、ということにして。そのほうが精神衛生上ずっといい。それでもなお好きが勝っているのであれば、腹をくくって見るよ。私だって別にCGふんだんに使われるマンガ原作モノに出て欲しいなんてこれっぽっちも思ってないけど、好きな俳優さんが出るとなったら全力で推すよ。だからコスパ悪いと思いつつ読むわけです。うん、一体何の話。