ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

 どうにもならない萌え体質

 30過ぎて萌えという感情というか概念を理解してしまったので近頃の私の萌え体質っぷりは大変によろしくない。この体質は良くない病気を患いやすいのではないか。周囲のヲタのひとたちが、J関係以外にも良くない病気を持っていることが多いのは体質の所為なのではないかと思う。体質改善しない限り治らないんでしょうな。特に歳とってから患ったものは治りにくいはずだよ。まぁ今んとこまったく治す気はないんですけど。ええと、昨日、メカロックオペラR2C2を見て参りました。以下感想とか。ネタバレになるものあるかもしれません。

 ひとりで見てたんですけど結構声上げて笑ってしまいましたな。私、笑うために見るものについては熱が上がるのが意外にもゆっくりで(っていうかジャニコンは初っ端からテンション上げすぎなんだな)、初っ端のわりとくだらない(別にけなしてない)部分ですでに声を上げて笑っている人たちを結構冷静に「何でその程度で笑えるの?」くらいに思ってみてるんですけど(何様)昨日はその雰囲気にもすぐ溶け込めた。かなり本気で面白かったです。といいつつ、あれは親子の情の、悲しくて切ないお話なんですね…。たくさん見ているわけじゃないので間違っているかもしれないけれど、宮藤さんの書くお話ってちまちました小技が多くて、でもストーリーはシンプルであるなあ、と思っているので大変見やすい。それはお芝居だからなのかな。私はなんでもダイナミックなものより、ちんまいところに面白みを感じるほうなので好きなのかな、と思っております。
 でね、昨日から患いかけている新たな病気は森山未來くんです。何だあの人…!芝居から歌からダンスから完璧じゃないすか…!森山くんもたくさん見ているわけじゃないけれど、っていうか舞台では初めてだけど、色白でシャープなところは元々好みですし、何しろお声がいいと思ってはいたんだけど(何観て思ったんだっけなあ、思い出せない)、なんだあの存在感は。正直、客演の役者さんでは松田龍平のほうが楽しみだったのに、ごめん昨日は特に…。いや面白かったけど。森山くんが盛り上がりすぎた。歌って踊れて芝居ができるってなに!余談ですけど今、私歌って踊って芝居ができる人ですごく好きな人がいるはずなんだけどなあ。残念なことに歌のうまさは森山くんのほうが上では。なんだかなあ!ちょっとがんばってよ!
 そんなわけで舞台であっちこっちにひらひらと動く森山くんを見て声にならない声を上げておりました。あ、あと宮藤さんを見ても残念なことに今萌えばかりなので「兵士の格好ハァァァァン」みたいなことになっておりました。残念すぎる。最高潮はサダヲちゃんとのシンメ。背の低い人と高い人のシンメ。地団駄踏みたかったけど自重した…。もうなんて言うか、高いお金払ってお芝居観て、メインの感想がそれってほんとばかみたい私。ああ楽しい。