ツーアウト満塁空振り三振

※ 個人の感想です

 フライデイナーイ


 近頃弊社は早帰りを推進されていまして、業務的には一週間で約1日分の時間が減り非常にきゅうきゅうなのだけれど、個人的にはいろいろ出来てたくさん寝れるからありがたい。金曜日はシゴト(not仕事)で使うコピックを大量に買ったり、映画を観たりしようかと考えていたのだが、昼間に急遽、勝手にしやがれvs小島麻由美のチケットをゲットすることになった。そんなわけで夜は初めての勝手。正直申し上げてきちんと聞いたことがございません。音楽は知ってはいたけれど。小島麻由美については「さよならセシル」(古っ!)以来。しかしそそくさと帰り支度をし、恵比寿に移って初めてのリキッドルームへ。しばらくライブなどに行かない期間があったので、新宿だって最後はサニーデイサービスかなんかだ。


 簡単に感想を。小島麻由美といえば退廃的な香りのするコブシっぽい歌い方が印象的だけど、話す声がめちゃめちゃキュート!わああああかわいい!いくつか知ってる歌があったけどタイトルを覚えてないと言う…。でも久しぶりにきちんと聞きたくなっちゃった…というきっかけがライブと言うのは贅沢だけれど。


 勝手にしやがれについては本当に初めてなので驚きの連発。怒涛の音楽、音の洪水!て感じ。(聴きながらつけた勝手なコピー。)そんな何あのドラム!好きになっちゃうじゃん。正味1時間のライブだったのだけど短かった。すべて知らない曲であったにもかかわらず!やっぱ楽器いいなー。小島麻由美のときはフルートがあったし、ブラス楽器(フルートは木管だけど)の音がやっぱりすきなのだなと実感。中学のときに吹奏楽部だったので、何かこう、根底に吹く楽器の音があるのかもしれない。同じ理由でピアノも好きだけど。ちなみにギターにはあまり惹かれないのだ。弾こうとも思わなかったし。なんだろなんか理由があるんだろうか。


 そんなわけで簡単にはまってしまうわけである。チケットを譲ってくれたほいあんなに感謝。


 本日土曜日は実家。土日休みじゃない妹が珍しく土曜休みなので帰るというので、あんこう鍋をやると母から誘われた。大洗まで買いに行ったらしい!嗚呼あんこう鍋!帰るしかない!…というわけで自宅の片づけしたら出ます。